外国人の方

外国人の方が会社設立するには

外国人の方が日本で会社設立を行うには経営・管理ビザが必要になってきます。日本に就労に来て、在留ビザを取得し永住権を得て長年働いていれば独立開業を考えてもおかしくはありません。外国人の方が日本で会社設立を行うには、経営・管理ビザが必要になってきます。長年就労していればノウハウも貯蓄も溜まってきて独立開業を考える外国の方も多いと思います。

いざ、会社を設立の準備を始めて、人材の手配や店舗の手配を始めても経営・管理ビザが下りなければ無駄な投資になってしまう可能性もあります。会社設立に必要な経営・管理ビザの取得は難しいものです。とくに事業の経営に必要な3年以上の経験を示すのが難しいという方が多いです。せっかく独立開業の準備を進めても、経営・管理ビザの取得ができないために会社設立ができないのは悲しいものです。

会社を立ち上げる準備を始める前に、経営・管理ビザの取得をしておくように心がけましょう。経営・管理ビザの申請は複雑ですので、専門家に相談したほうが確実です。インターネットで検索すれば、経営・管理ビザの取得に詳しい行政書士、弁護士さんはすぐに見つかると思います。まずは、一度相談してみてください。

せっかく日本に来て就労し永住権も得たのですから独立開業を考えても何もおかしくはありません。自国とのコネクションを使って日本には無いビジネスモデルで成功を考えてもいいと思います。そのためには、まずビザの申請が必要になってきます。経営・管理ビザを取得すれば自由に会社を立ち上げられます。ずっと、日本で就労していても夢はありません。

自国を離れ日本に就労し永住権を得たのですから日本での独立開業を目指しましょう。申請は複雑ですが、専門家に相談すれば申請が通過するように適切なアドバイスをしてくれるはずです。申請費用も期間もそれほどかかりません。資金調達の目処が立ち、日本でのビジネス展開をして成功する自信がついたのでしたら、まずは、経営・管理ビザの取得を考えてください。外国の方独自のコネクションがあるはずです。

自国の生産物を日本で展開して成功できる可能性は十分にあります。資金面もビジネスモデルも重要ですが、まずは、経営・管理ビザの取得を最優先に考えるべきです。一度、ビザの取得を行えば、いつでも会社設立を行うことは可能です。将来経営を考えている外国の方も、まずは経営・管理ビザの取得をしておいたほうが、何かと安心だと思います。”

Copyright© 会社設立は外国の方でも可能です。その方法を学んでください! All Rights Reserved.